スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

只見線の完全復旧を願って

柳津の円蔵寺に初詣。只見線全線復旧を祈願してきました。

120102_只見線_0011


金山町にある民宿のご主人の話によると、上流の橋梁(第7橋梁)で
落下した桁の引き上げ工事が始まった様子。
第5、第6はまだ未着手だけど、上流の橋梁から順に工事が始まる計画とのこと。
復旧の目処は不明だが、復旧を信じている。

第7橋梁 (道路の除雪が途中までだったので遠方から撮影)
120102_只見線_0003

第6橋梁 トラス橋桁がグニャグニャになって、川底に落下していた。
120102_只見線_0001

第5橋梁 川口側の桁が流失、レールだけが残っている。
120102_只見線_0007

只見線における災害の様子を初めて自分の目で見た。信じられない光景でした。
昨年7月17-18日、只見線を走るDCを乗り継いで、会津若松から小出まで全線乗車した。
険しい地形を縫って走る橋梁、トンネル。
再び全線乗車できることを信じて、待ちたいと思います。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。