スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほれ込んで

6月、復活したてのC6120の勇姿を中心に慣れない上越線を放浪しました。
まずは、煙とスタイル写真でまとめます。

「美しきハドソン」・・・2011/6/11
110611_C6120上越_0101_Komatsu
大きな罐、大きな動輪、C62を彷彿する迫力を感じ、ひと目で惚れ込んでしまいました。
さすがに、かつての優等列車用牽引機の貫禄があります。

「正面ドカン ヘッドマーク付」・・・2011/6/12
110612_C6120上越_0011_Kawakubo

「旧客編成」・・・2011/6/5
110605_C6120上越_0074_Gokan

「正面ドカン 素顔編」・・・2011/6/19
110619_C6120上越_0013_Kawakubo

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。